スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤軍戦闘報告書

赤軍戦闘報告書。1939年5月9日。
搭乗機:A6M4 、武装:標準仕様、燃料:80%。
飛行隊長:Hanzo少尉、他2名、1個小隊編成、計3機出撃。
作戦概要:空対空迎撃任務!

=戦闘総括=
離陸後、隊長の指示により西進後、南進。
直後会敵、高度4000付近、敵軍とほぼ同高度であった。
直ちに戦闘開始。敵「ソ連機、I-153P」判明。
乱戦になるも、敵機1機撃破。
我が軍、1機大破離脱、1機撃墜損失。
中盤以降、再離陸組と再終結後、再攻撃。
乱戦で3機撃墜、我が軍全滅。戦闘終了。

機体に不慣れなこと、機体の特性を理解出来なかったこと等、反省点多々。
今回の敗北を分析し今後の戦闘に反映されたし。
以上、敬礼!

空中機動研究部の要請により1機にカメラを搭載し会敵から戦闘終了までを記録し、
戦闘記録として下記にて公開する。

=戦闘記録=


=戦闘結果=
撃墜数:2機以上(I-153)。被撃墜数:4機(A6M4)。

※諜報部から敵軍極秘フィルムを入手した。当日の敵軍の行動が判明した。
見比べ今後の戦闘行動に有意義に活用して欲しい。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。